京つけもの西利

安田 愛

本社研究室 安田 愛

京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 2015年入社

私の仕事

あじわいの郷工場を経て洛西工場研究室で品質管理、現在は新商品開発、既存商品のリニューアルに取り組んでいます。

入社のきっかけ

研究室で、大学での研究を生かせる。

大学では野菜の遺伝子に関する研究をしていたので食品関係の仕事に就きたいと思い、就職活動をしていました。会社説明会に行くまでは「漬物=職人技」というイメージがありましたが、研究室があり、伝統を守るだけでなく新しいことにも挑戦される姿勢に魅力を感じました。

うれしかった事

シェフとコラボして惣菜の開発も。

私は漬物だけでなく、惣菜の開発も行っています。シェフとコラボした商品もあり、提供いただいたレシピを基に試作を行うこともあります。どうすれば同じ品質のものが工場で作れるか、おいしさが保たれるか?検討課題も多いですが、無事に商品として店頭に並ぶと嬉しいです。

今だから話せる失敗談

研究室での結果を、工場で均質に再現するのが難しい。

食私は漬物だけでなく、惣菜の開発も行っています。シェフとコラボした商品もあり、提供いただいたレシピを基に試作を行うこともあります。どうすれば同じ品質のものが工場で作れるか、おいしさが保たれるか?検討課題も多いですが、無事に商品として店頭に並ぶと嬉しいです。

入社して成長できたこと、学んだこと

仕事は連携。責任を持つことと、「次に回す」ことが大切。

自分の仕事は責任を持って行い、次に回さないといけないということを学びました。商品の開発・製造・販売は多くの部署、人の連携によってなされているので、自分の仕事にはミスや不備がないように注意して仕事をするようになりました。

Page Top

Copyright © kyo-tsukemono nishiri All rights reserved.