京つけもの西利

守谷 真梨子

洛西工場 守谷 真梨子

茨城大学大学院 理工学研究科博士前期課程理学専攻 2013年入社

私の仕事

入社当初は包装部署、その後、浅漬製造部署を経て、現在は乳酸菌ラブレの生産管理と製造を担当。

入社のきっかけ

西利の循環型農業の取り組みに関心を持ちました

健康に携わる仕事がしたいと思っていて、食べることも好きだったので、ラブレ乳酸菌を使用した商品をつくっている西利に興味を持ちました。また、会社説明会やパンプレットで、製造で出た野菜くずを堆肥にして利用するなどの取り組みにも関心を持ちました。

うれしかった事

様々な部署を経験。できることが増えてゆく充実感

毎年のように違う部署で仕事させてもらい、その度に異なる作業をしています。そのなかで、1人で機械が動かせるようになったり、お漬物を漬けられるようになったりと、まだまだ知らないこと、教えてもらうことばかりですが、1つ1つ、できることが増えていくことは、充実感・達成感があります。

今だから話せる失敗談

備品を間違って発注。周りに助けられました

一度、備品を注文して、欲しかったものと異なるものが来ていたことがあったのですが、よく確認せず、いざ使用しようとしたときに気づいたことがありました。そのときは、本社から急遽もらったりして、周りの方に迷惑をかけました。いつも、周りの方に助けてもらっています。

入社して成長できたこと、学んだこと

自分から発信することを学びました

学生時代は、自分から人に働きかけることはあまりなく、間違うことがあっても自分だけのことで済みましたが、入社してからは自分から発信して伝えないといけないことを学びました。気付いたことやしたいことを伝えるのは難しいですが、少しずつでも口に出していきたいと思います。

先輩たちの声

Page Top

Copyright © kyo-tsukemono nishiri All rights reserved.