伝統を守り、伝統の継承の中からのみ創りだされる新しい味。西利の京つけものは、おいしく、やさしくのテーマのもと、人に自然にやさしい、ものづくりの姿勢から生まれます。磨きこまれた職人の技と、研究開発に邁進するひたむきな努力の結晶がここにあります。旬の素材を漬け込んだ西利の京つけものは、低塩度で、保存料や合成着色料も使用しておりません。 旬の会を通じて、京つけもの西利との出会い、ご縁を大切に末永くおつきあいを賜りますようお願い申し上げます。