旬おいしく、やさしく。

伝統の技が生きる。
iso22000取得
先人たちが残してくれた確かな職人の技、知恵、そして数々の業績、それが今を生きる私たちの出発点となって、さらなる発展につながってゆきます。脈々と受け継がれてきた知識や技術を完璧に理解し尽くしてこそ、はじめて伝統を守ると言い切れます。西利の創意工夫はその伝統の上に、実績が積み重なって成り立っています。


西利の千枚漬

西利の千枚漬

総理大臣賞受賞(昭和51年)
独特の繊細でまろやかな風味、選び抜かれた聖護院かぶらを最高の昆布を使い漬け込みました。
すぐき

すぐき

京都府知事賞受賞(昭和51年)
京都洛北、上賀茂のすぐきかぶらを昔そのままの手順で漬け込みました。まろやかな酸味が特長です。
しば漬

しば漬

なすを主体に大原特産の紫蘇と、塩のみで漬け込み静かに発酵熟成させました。建礼門院ゆかりの漬物です。


研究・開発
製造 直販