旬おいしく、やさしく。

人々に喜ばれる研究・新技術
iso22000取得
西利では基礎研究から応用研究まで、日夜ひたむきな研究開発が行われています。
農林水産省から、新技術実用化促進事業の補助金交付を受けたのは1987年。
加工原料の保蔵システムの開発で大きな功績を認められた結果です。
本来、真冬の美味である千枚漬を、毎夏祇園祭のクライマックスに限定販売して京の街に話題を呼ぶ「西利・真夏の千枚漬」も技術研究の成果です。
「京のあっさり漬」の開発など、伝統の京漬物を研究し分析し、創作へ繋げます。
漬物の基本である「醗酵」との地道な取組みが、
ラブレ菌を使った「健康漬物乳酸菌ラブレ」の誕生を見ました。さらに「京のあさあさ」、次世代漬物「ラブレクッキング」、「西利乳酸菌ベジ太朗」など、
旬おいしく、やさしく。」を求め品質向上をめざす研究・開発の努力から夢のある未来型商品が次々と誕生しています。


健康漬物乳酸菌ラブレ
「健康漬物乳酸菌ラブレ」

京都伝統の「すぐき」から発見された
ラブレ乳酸菌で、旬の野菜を漬け込み
醗酵熟成させた「西利のラブレ」は、
●からだの免疫力を高め
●整腸作用に効果を発揮する
ことが摂取試験により実証されました。
さらに、血圧降下作用がある
GABAを多く含んでいます。
西利の千枚漬
「西利祇園祭に限定して販売する
エコケース入り千枚漬は
旬おいしく、やさしく。」のシンボルです。

エコケース」は、地球にやさしい、
省資源化にいち早く取り組んだ
西利が生んだ業界初の新容器です。
総理大臣賞受賞の千枚漬をはじめ、
伝統の品々をやさしく包みます。
■エコマーク認定1991〜2004年
■1993年メイドイン京都ベストデザイン大賞


しば漬
「しば漬」
 
京のあっさり漬
「京のあっさり漬(R)」
ラブレクッキング
「ラブレクッキング(R)」
千枚漬
「千枚漬」
すぐき
「すぐき」

研究企画部門
「研究企画部門」


研究・開発
製造 直販